FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うちの息子は、昔からドラムを習いたいと言ってます。

でも、まだ小さいし、どこで習えばいいのかもわからないし、そのままにしていました。


最近、知り合いの紹介でドラムの教室に通いだしました。

最初は、無料の視聴授業で軽く体験。

そして、息子は興味があると言ったので、試し授業を二回受けました。


最初の授業で棒を持ち方と各鼓の名前や簡単なたたき方を教えてくれた。











そして、楽譜がないので、8音符と16音符や、各鼓の縮写とともに、いろんな叩き方も。



試し授業が順調に終わりました。

これからもがんばって続けたいと息子と約束をしたので、半年コースを申し込みました。

毎回40分の個人レッセンか、二、三人で60分のクラス授業。

半年コースですと、9200元(およそ15万5千円)の授業料を払った。




中国では、習い事がすべて高いです。

ピアノは一時間4200円位、サックスは一時間5000円とか。。。


みんな一人っ子だから、教育にはどんなにお金がかかっても構わないと思う親が
だから、中国では子育てには一番お金がかかって、大変だって。


今は、一人っ子政策がまた変えました。

以前は夫婦二人とも一人っ子じゃないと、二人目は生めなかったが、今の新しい政策だと、夫婦のうちの一人だけ一人っ子であれば、二人目の子を生めます。

それでも、子育てにすごく莫大なお金がかかるから、みんなは二人目を生むかどうかの問題で悩んでいるそうです。


幼稚園も、2歳半からしか預けてくれないため、母親は子供が2歳半までの2年半間働けない。

じいちゃんばあちゃんに頼む人は多いが、もうすでに年を取って、小さい子の面倒をみれないことも多い。

ですので、ひとつの家庭では、一人の子がいるだけでも結構大変なのに、二人目は更に大変だろうとみんな思っているようです。



それでも、生みたい!と思う人がたくさんいます。 私みたい(笑)


一人っ子だった私は、今になって、やっぱり兄弟姉妹がいれば良かったと思うから、息子にも兄弟を与えてやりたいですね~



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://adinelly.blog17.fc2.com/tb.php/917-34f02b0a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。